住宅業界未経験の女性が地域密着工務店で働く場合、どうしても総務・経理といった事務的な仕事になってしまいます。しかし、働き方改革の波が押し寄せ、業務効率UPが必須となる中、工事監督の人材難に悩まれている経営者も多いと思います。

そこで、男性・専門職と思われる現場仕事を、業界未経験でも携われるように取り組んでいるのが「女性品質管理者」です。住宅産業塾では、このような方をもっと住宅業界に増やしたい、女性が輝いて活躍できる場を拡げたいという想いから、“品質管理の仕組み”を改善し、「女性品質管理者」活躍を支援していきます。

 

未経験から品質管理者として、ご活躍されているお二人にインタビューいたしました。

 

株式会社 HORI建築

吉田 和世 さん

株式会社 HORI建築

片岡 葉月 さん


 

11/22(金)に「住宅業界未経験の女性が、活躍できる仕組みセミナー」を開催しました。

業界未経験から女性品質管理者となり活躍されている4名の方に、ご自身のプロフィールから品質管理者となってからのエピソードなどをお話しいただくとともに、パネルディスカッションとして様々な実務の実際、悩み、工夫したことなどに答えていただきました。また、この仕組みを初めて導入された(株)HORI建築 代表取締役 堀 昌彦 氏からは、導入の経緯や教育、これからの展望などについても話していただきました。

セミナーの詳しい開催報告ページはこちら

 

ベンチマーキング視察会「現場で学ぶ、女性品質管理者の実務」(予定)

女性品質管理者2名が活躍されている、京都・福知山の(株)HORI建築様の現場にて、実際におこなっている品質管理の実務について、ベンチマーキング視察会をおこないます。

 ・日程:2020年6月頃を予定

 ・場所:京都・福知山 (株)HORI建築

 ・参加者:女性品質管理者(候補者)、工事責任者、経営者・幹部

      (必ず2名以上の参加をお願いします)

 




プロジェクトについてのお問い合わせは

▼こちら▼

メモ: * は入力必須項目です