ひかりで創る空間デザインとインテリア

ダウンライトの選び方 ~ 自信を持って選んでますか? ~
照明器具メーカーのカタログの中で、最も器具の種類の多い「ダウンライト」 その数、数千種類以上もあります。   基本は、ベース・ユニバーサル・グレアレスの種類から 光の強さ、光の広がり、眩しさ、器具の色、光の色、開口寸法、調光方式、演色性の優先順位を付けて空間に合わせて選定します。  

勉強が捗る子供の光・作業が捗る大人の光
【光の色と視環境】  集中したい時って、子供でも大人でもありますよね? その時の部屋の明るさ、手元の明るさ、照明の色を考えたことありますか?  今回は、ここに焦点を当ててて解説します。 勉強などデスクワークに適した照度は概ね700ルクス~1000ルクスと言われてます。これは JIS で決められた基準。...

99%は知らないダウンライトの選び方 
ダウンライトの選定基準をしっかりと身につけませんか?...

ドイツの什器用メーカー×光 ~ 様々な組み合わせが可能 ~
【ハーフェレ(HAFELE)】 ドイツの金物メーカー。日本企業の競業は「スガツネ」でしょうか。まだまだ認知度は低いメーカーですが、新宿OZONEにショールームを構え、なかなかの商品アイテムです。

多機能スイッチを提案 ~ 各社の比較 ~
シーンコントローラースイッチの比較と課題  照明メーカー各社から販売しているシーンコントローラースイッチ。 使い方も機能も価格も様々。ボタン一つでシーンを変えることが出来て、暮らしが格段と豊かに演出出来ます。 しかし、設定が複雑、面倒、施主への説明に自信がないなどの壁があるのも否めません。...

多機能スイッチを提案  ~インテリアの可能性~
シーンコントローラースイッチの提案からはじまるインテリアの可能性 シーンコントローラースイッチ。 これ、メチャクチャ便利なスイッチなんです。このスイッチを使ってインテリアにフォーカスした空間演出を考え提案します。 では、どうするか・・・ この順番でイメージしてみましょう。 ① 素材を仮で選ぶ ⇒ 凹凸のある素材が望ましい ②...

壁の素材( ポイントは、凹凸のある素材を選ぶこと)
照明の施工例写真は沢山あるが、素材に言及した事例は意外と少ない。しかし、素材選びに拘ることで、劇的に空間の印象が変わります。そしてこの素材に光をあてることで、 奥行き感、素材感、陰影、昼と夜の顔が生まれ、これらが相まって 「高級感」「グレードの高い空間」「人に印象を与える空間」「感情を揺さぶる空間」に変化します。 すなわち、素材選びと光はセットで考えると良いでしょう。

光の位置を考える ~ポイントは鉛直面で想像すること ~
照明の位置(高さ)によって、空間の見え方が大きく変わります。平面図で照明設計をすると見えなく(わからない)ても展開図で見ると想像できます。なので、照明(ひかり)を考える時は鉛直面で考える必要があるのはこのためなんです。

高齢者用階段手摺 + 照明
厚生労働省『令和2年人口動態統計』を基に損害保険料率算出機構作成の資料によると、高齢者層に増加傾向の「不慮の事故」その内訳をみると、転ぶ29.0%。詰まる23.1%。溺れる21.3%。その他26.6%。転ぶのの割合が多い傾向にあります。

スマートプラグコンセント!
【スマートプラグコンセント】 今やスマホが欠かせない時代。一日中身に付けて過ごしている方も多いのではないでしょうか?今回は、使ってみたら超便利だった 「スマートプラグコンセント」についてのレポートです。

さらに表示する