住宅産業塾 メディア掲載

トップの言魂 前編

トップの言魂 前編



新建ハウジング 2020320日号 Vol.1858

新春セミナー2020の時に、何か災害が発生したときに相互に助け合うことを目的とした「災害時相互支援の協定」を、住宅産業塾会員の5社が締結しました。その記事が新建ハウジングに掲載されました。


新建ハウジングプラスワン2019年3月号

品質管理だけの専門職として、業界未経験の女性が活躍しています。その記事が新建ハウジングプラスワンに掲載されました。

 


※ クリックすると記事を拡大できます。



日本住宅新聞2018年10月15日号

 

「健康には住まいの環境改善が必要・住環境改善推進協議会が都内でフォーラム」の記事が掲載されました。

 先日開催いたしました医・食住健康フォーラムの内容紹介で、住まいの環境と健康の関係を先生方、そしてゲストのお客様のお話から学ぶ機会となりました。

※ クリックすると記事を拡大できます。


2018年9月11日  9月18日 住宅新報掲載記事

 

地域工務店に「住宅産業塾」が説く『健康快適住宅とは』という記事が掲載されました。

 

健康で快適な住まいを正しい知識で施工できる環境をつくるための知識を習得できる健康快適住宅プランナー認定制度を今年度から開始しております。

 


※ クリックすると記事を拡大できます。



2017年10月24日(火)

ダウンロード
第15回日中韓居住問題国際会議東京大会の特集記事(住宅新報1/23号)
2017年10月19~21日に東京で開催された、日中韓居住問題国際会議の内容が特集されました。国際的に居住と健康のテーマが注目され、また日本医師会が居住と健康の密接な関連性を明確にされました。住宅に健康要素が必須であることが大きくクローズアップされています。
OK0000018012301101.pdf
PDFファイル 2.9 MB
ダウンロード
第15回日中韓居住問題国際会議東京大会にて研究発表実施報告のお知らせ
2017年10月19~21日に東京で開催された、日中韓居住問題国際会議にて、日本側代表の一人として住宅産業塾塾長長井克之が登壇し住宅環境と健康に関わるテーマを発表いたしました。
第15回日中韓居住問題国際会議東京大会.pdf
PDFファイル 1.6 MB