クローズアップ(活動報告)

みんなどうしている?WEB会議「設計の期間短縮」
みんなどうしている?WEB会議の活動報告です。

みんなどうしている?  WEB会議「営業の期間短縮」をテーマに開催
営業の期間短縮がテーマでした。最近、コロナ禍でもお客様が活発に動いており、営業成果は順調であるものの、 業務多忙によるひずみが生じている会員様が多くおられます。先行業務がダブつくと、 後工程に影響が広がっていくことから見ても、 営業、特に契約までの期間短縮は、 皆さまにとっても大きな課題となっています。

みんなどうしている?WEB会議 「コロナに関係者が罹患した場合の対策どうしている?」
先日のみんなどうしている?WEB会議は、 「コロナに関係者が罹患した場合の対策どうしている?」をテーマに開催しました。 参加された方の中には、まだ周囲に発生したケースが無い方も、 既に関係者が罹患したというケースをご経験された方もおられ、 その体験を通じた対策を教えていただくことができました。

新春セミナー2021 開催報告
「人縁・地縁・信縁~CX・DXの推進で、新たな顧客創造へ!」 住宅産業塾の2021年間テーマは「工務店の原点は人縁・地縁・信縁~CX・DXの推進で、新たな顧客創造へ! 」とし、変革を求められる時代にCX・DX(カスタマーエクスペリエンス&デジタルトランスフォー メーション)を向上させながら「信頼の縁」を再構築し、家づくりの原点である「人と地域」の縁を 広げ、存在感を高めていただくことの重要性。そして、それには工務店の腕の見せ所である「現場」の意味。 それらを学ぶことができる場としての「新春セミナー2021」でした。

コロナ禍により、毎月の月例会はオンラインでおこなっています。7月は久しぶりに外部の講師をお招きし、 「SDGsで未来戦略づくり」というテーマにておこないました。その内容についてご紹介いたします。

今年の年間テーマは「破壊的イノベーションの実現」としていますが、2月は「顧客創造」をテーマにしました。ドラッガーは、「企業が顧客を創造するためには、マーケティングとイノベーションという2つの活動が必要」と言っております。このうちマーケティングやイノベーションについて改めてお伝えしました。また、顧客創造を考えていくうえで最近「CX(顧客体験)」という言葉を耳にします。この意味やCX企業ランキングなどについても紹介しました。また少し先を見据えた取り組みとして、SDGsが絡んできます。

破壊的イノベーションの実現を!~未来の勝利者に、変わるのは今だ!~ 2020年1月24日(金)に、「住宅産業塾 新春セミナー2020」を東京・田町にて開催いたしました。

現在の住宅業界は、人手不足が慢性的な状態となっています。 このような状況の中で“働き方改革”が叫ばれるようになってきており、残業や休日出勤の削減をはじめ、人材流出防止や採用といった面においても働く環境の整備は必須事項となってまいりました。 政府も女性活躍推進を打ち出していることもあり、地域密着工務店・ビルダーにおける女性活躍の場をテーマとして掲げ、「女性活躍支援プロジェクト」を立ち上げました。

業務改善とICT化の推進は、会員様に限らず多くの企業で重要な経営課題となっています。 10月の月例経営研究会では、どうしてもツールや手法の話に偏りがちな話ではなく、 業務改善を推進し成果に導くためのポイントを研究いたしました。

愛知県の住宅産業塾会員企業 ㈱波多野工務店様にて開催させていただきました10月の月例実践研究会。

さらに表示する