· 

感動の魅せる現場づくりに全力を

ディズニーは「おもてなし経営企業」 

「自分の家にお客様がくれば掃除をしてスリッパを新しくして、どんな料理を出そうかと考えるでしょう。でも、まずは片付け・掃除です。それがおもてなしの心なのです」。

 

 

お客様を「おもてなし」するためにきれいに掃除をするという、それがディズニーです。

 

ディズニーの園内の芝生がいつも青々としているのも、裏方のキャストが枯れた芝生を毎日植え替えているからですが、これも現場をきれいにしていこうということ。つまり、おもてなしの心なのです。

 

ディズニーテーマパークでは、「SCSE」と呼んでいるおもてなしの行動基準があります。

一、Safety(安全)

二、Courtesy(礼儀正しさ)

三、Show(ショー)

四、Efficiency(効率)

 

2近隣トラブルの原因「現場がきたない」

 

家を建てて、お隣やご近所の人との付き合いが疎遠になったり、気まずくなったりするケースがあります。どんなことが原因かというと、多くが建築の「現場」にあるのです。

・とてもきたない現場で、工事期間中はご   近所にたいへん迷惑をかけた

・周辺道路も汚くて、毎日謝る日が続いた

・ゴミが臭いと苦情がきた

・工事中のホコリでご近所に迷惑をかけた

・たばこの吸殻をポイ捨てする職人さんがいて文句を言われた

・駐車違反の車に苦情がきた

 

 


家を建てると、こうした苦情も舞い込み、工事期間中はずーと肩身の

狭い思いをしながらすごすということもあるのです。

それだけで済めばいいのですが、ご近所関係が悪くなって

「新築しなければよかった……」ということにもなりかねません。

 

こうしたマナー違反は他の産業では考えられません。

これもお客様のための「おもてなし」の心がないからなのです。

 

 

3きれいな心があれば「現場はきれい」

現場がきれいかどうかは、その住宅会社の考えや姿勢(家づくりの哲学)

を映し出す鏡でもあるのです。社長から社員、現場で作業している職人に

いたるまで彼らの姿勢・考え方が現場に写しだされるのです。

 

お客様の身になって本気で家づくりをしていこう、おもてなしをしていこうと

心から思っている住宅会社であれば、現場は必ずきれいにしているはずなのです。

 

 

反対に、作業レベルの意識で、こなせばいいやとか、適当にやって早く工事を済ませようと思っていると、魂が入らず、心が汚れていますから現場も汚くなるのです。

きれいな心がカタチに表れたものが「現場きれい」なのです。

 

(2019年11月 25日 日本住宅新聞掲載)