⑯いつの時代でも「強い」企業

この1年強、新型コロナウイルスに左右された業界。

 

ライフスタイルの変化に伴って住宅需要が大きく変化しました。

そして工務店様の多くが活況を呈してきました。

 

ただしその状況は遠くないうちに終わりを迎えます。

生き残るために、従来とは違う戦略で次に向かうことが必要です。

 

 

 

そこで掲載してきた「アフターインサイドセールスシステム」各テーマ別解説コラム。

 

 

記載してきた内容を実践できれば、

 

1.需要の先細り時代にも、安定して顧客創造できるようになる

 

2.仕組みで会社が回るようになる

 

3.今、目の前にいる顧客に全力を注げるようになる

 

ことは紛れもない事実です。

 

 

 

今まで、様々なビジネス手法を提案し、

成功事例に基づいた色々な勉強会も開催してきました。

その中でも、常に変わらないベースには、

顧客の「信頼」獲得がある、と考えています。

 

 

この業界に関わりを持たせていただいてから、

色々な工務店様とお付き合いさせていただきました。

 

拡大を求めてこられた企業

問題が山積の企業

着実に成長し続けている企業・・・

様々な企業を目にしました。

 

当初と違い、

素材の選択肢は広がり、自然素材を使う企業が増え、

性能向上はもはや義務となり取り組むのが当たり前となり、

デザイン性においても全体的に進歩し、

家づくりそのものは大きく進化しました。

 

ビジネス的に見ても、

どちらかと言えば、採用が遅れている業界と言われてはいるものの、

特に、IT分野は劇的な進化を遂げ、

10年前には考えられなかったことが、

出来るようになりました。

 

 

多くの企業で様々な進化に対応し、

変化を遂げている一方で、

ずっと変わっていないのは、

「顧客の信頼」獲得に真剣に取り組み

努力を重ねてきた企業が

今でも「強い」ということでした。

 

「信頼」は、「応援したい」という心を生みます。

そのような会社では、紹介率が総じて高く、

お客様の営業協力も盛んにおこなわれています。

 

 

 

私たちは、CS(顧客満足)の実践研究に長年取り組んできました。

全国の各会員企業様に成果を上げていただいた沢山の実践事例があります。

CSを重視するこれからの工務店・ビルダー様に活用いただけるように、

それらを体系化し、システムとして最適化したもの。

 

「信頼」獲得の本筋を、仕組みづくりで強化しつつ、

ホームオーナー様に営業支援者として貢献していただきながら、

着実に成長発展できるようにするシステム。

 

それが「アフターインサイドセールスシステム」であり、

一言でいえば、信頼をベースに、顧客が顧客を呼ぶ。

顧客が営業支援者となるシステム です。

 

 

これを実践するには多少の苦労が伴うかもしれませんが、

後が楽になります。

お客様自身がお客様を呼んでくれますので。

 

 

 

今回は、

特にこの「アフターインサイドセールスシステム」を

推奨する理由について紹介しました。

 

ぜひ、他の記事もご覧ください。

 

 

アフター・インサイドセールスシステム

業務改善 各テーマ別解説ブログTOP

アフター・インサイドセールスシステムとは


地域で一番信頼に応える会社

チャレンジプロジェクト