住宅業界は、超少子高齢化が進み新築住宅着工数が年々減っていくことが明確になっているほか、最近ではコロナの影響、ウッドショック、そして様々な資材のコストアップなど、経営環境が厳しくなっています。経営を持続させるには「人材」がいなければなりません。人口が少なくなるとは、働き手も少なくなるということです。よって、今後の経営を考えた場合、働きやすい環境、業務効率の向上、ミスやクレームを無くすといった対策を講じなければなりません。

この解決策は「会社の仕組みを“きちんと構築する”」ということです。

そして、従業員満足(ES)があり、顧客満足(CS)を実現し、企業の発展につながるという善の循環を構築すれば、「あの会社なら心配ないよね」と言ってもらえる会社に近づきます。

 今まで他社を視察した、各種セミナーで良い話を聞いて真似しようにもできなかった、という経験をお持ちの方も多いと思います。他社をただ真似るだけではうまくいきません。また、ITなどのサービスを導入するにも、会社のベースとなる部分を築いておかないとうまく活用できないのです。

全ては会社の仕組みである業務フローと業務の標準化が先に必要です。これがあり他社の真似をすれば、発展スピードも上がります。

 

難しく考える必要はありません。要するに、“会社の業務を社員皆で見て分かるようにしましょう”という意味です。社員にとっても働きやすい環境づくりにつながります。住宅産業塾では、長年指導し実践してきた事例やノウハウがたくさんあります。また、全国各地の会員相互の情報交流を掛け合わせることで、先進事例が生まれています。講座では、そのような事例も参考にしますので、何もないところから創り上げるよりも、はるかに短期間で改革できるのです。

今回の講座は、比較的小規模な工務店で“仕組みがない又はあってもうまく機能していない”という会社が対象です。

この機会に、貴社の「標準化」を構築しましょう!

 

※ある程度の組織と仕組みがある会社は、別途個別コンサルティングをお勧めします。

対象となる工務店

POINT

  • 業務フローの作成方法がわかり、皆の仕事が見える化できる
  • ミス・ロス・ムダや言った、言わないが減り、生産性向上につながる
  • 新しい社員が入ってきても、スムーズに業務を覚えることができる


講座概要

対   象 年間520棟未満で、業務の標準化ができていない工務店
参加者人数 各社2名以上で参加してください
期間・日程

 202211月~20234月 毎月1×6

 日程:11/812/61/172/143/144/11 全て火曜日

 時間13:0017:00

 進 め 方 

 Zoomミーティング(ビデオはONにしていただき、双方向コミュニケーションを取りながら進めます)

費   用  33万(税込)

キャンペーン!

※秋のキャンペーン期間中(10月末迄)、住宅産業塾会員(正会員又はサテライト会員)に入会すると、講座費用は半額となります!


講師 

住宅産業塾コンサルタント(元住宅産業塾事務局長)/  佐野 郁夫


木質パネル工法の住宅メーカーに入社後、研究所、開発部門にて住宅の性能、構造や大臣認定取得に関わる業務に従事。

その後、日菱企画株式会社/住宅産業塾にて事務局長として10年以上携わり、工務店の経営や業務改革、その考え方など、長井塾長の考え方を側で聞いており、その内容を熟知。 現在、魅せる現場づくり、魅せる現場コンテスト、現場診断・指導、業務改善指導に携わるほか、住宅メーカーでの経験と住宅産業塾の経験をもとに、工務店や現場指導をおこなっており、日菱企画グループのコンサルティング全般をまとめている。

 


講座カリキュラム

第 1 回

11月8日 

(13:0017:00)

  業務の標準化とは?

     ■おおまかな流れをつくってみる      

       ■お客様の流れとそれに対応する業務内容を書き出す

第 2 回

12月6日 

(13:0017:00)

  各社の全体の流れを確認する

    ■営業、設計は何をするのかをフローに落とし込んでみる

    ■どんな帳票、ツールを使っているかを書き出す

    ■必要な書類を認識する

第 3 回

1月17日 

(13:0017:00)

  ここまでの各社の流れを確認する
   ■工事は何をするのかをフローに落とし込んでみる

    ■どんな帳票、ツールを使っているかを書き出す

    ■必要な書類を認識する

第 4 回

2月14日 

(13:0017:00)

  お客様に信頼されるための対応の仕方について
   ■工事の仕事を詳しく検討し、何が出来るかを考えフローに落とし込んでみる

    ■品質管理の内容を明確にする

    ■引継ぎの仕方を明確にする

第 5 回

3月14日 

(13:0017:00)

  全体の流れを確認してみる
   ■お客様満足を向上させるために
第 6 回

4月11日 

(13:0017:00)

  各社業務フローの確認
  今後どのような事をしたらいいのか

講座お申し込みフォーム

▼ ▼ ▼

下記、事項に入力して送信ボタンをクリックしてください。

メモ: * は入力必須項目です



お電話でのお問い合わせ

TEL: 03-3503-2868 (平日9:00~18:00)