設計提案力を劇的UPさせる“灯り”の価値 セミナー

~見込み客を増やし受注率を上げるインテリア提案手法~


※ 本セミナーは、経営者・幹部・設計責任者向けのセミナーです!

今、工務店の皆さんの多くが課題にしている“設計力”。

 

周囲の設計レベルが確実に上がってきている中で、

設計士の人材不足やスキル不足は多くの経営者の悩みです。

 

         設計レベルを急激に上昇させるのは難しく、

         片や、お客様の目も肥えている中、

         設計提案力を早期に強化し、他社との違いを作るために、

        住宅産業塾でも積極的にお勧めするのが

       「照明計画」のノウハウです。

 

灯りで違いを見出し、早期にお客様満足度を向上させ、提案力を

改善する、今回はそのような内容のセミナーを企画いたしました。

 



設計提案力を向上させるポイント



住宅事業者と施主の

視点の違いを理解する

            すでに自社で提供しているもの、優先しているサービス内容は、必ずしも施主が求める情報、求めるサービスとは違うことをまずは理解しましょう

提案の引き出しを増やす

 

素材、照明を切り口とし、それらを合わせ光を操ることで、空間はより精緻にデザインすることが可能です。そのためには回路設計をより深く考えイメージを広げることが大切です

照明提案を武器にする

 

設計士は間接照明、回路計画、そしてスイッチ計画のプロになることです。

一流レストランやホテル、物販店の照明手法を取り入れることでそのイメージは膨らみます

PR設計

 

自社の強み、自社の特徴が設計に反映されているか、そして、それは効果的に情報発信されお客様に魅力として伝わっているか、メディア活用も設計の大きな役割の一つです 



今回のセミナーで期待される効果


 設計提案力の現状の課題が明確になる

 現在、自社の提供している内容やサービスを客観的に振り返り、課題と改善方法をイメージすることができる。

 お客様への提案力が高まる

 照明計画の考えを採用することで提案スキルが上がる。それにより顧客との距離感が縮まります。 これはデザインのパッケージ化も可能

 設計スキルが向上する

 インテリア空間全体がイメージできる。素材選びの幅が広がる。詳細(ディティール)を理解できる。


照明計画に力を入れることによるメリット


☑  受注率向上

 

  ターゲットとする顧客層が見える事で 質の高いサービスの提供が可能。 結果、受注率が上がる。

 

☑  受注単価向上

 

  オプション数が増えます。それを標準化させることにより、 結果として、率だけでなく単価も上がります。

 

  モチベーションアップ

 

  高い顧客満足で社員の士気は上がり、アイディアがあふれてくるようになり、さらに利益性の高い組み合わせを作れるようになります 。

 

  マーケティング効果

 

  マスコミからの注目が高まり露出が多くなることで、問合せが増え、自社合った顧客を選定出来るようになります 。


セミナー概要


【セミナー概要】

価値を高めるために「専門性」から「希少性」を創り出す。

足りなければ作る。

専門性とは、「ガラスの専門家」「木の材質や特性の専門性」「壁紙の専門家」「陶器の専門家」等々。

その専門性に何かを組み合わせると「希少性」が生まれます。

「ガラス素材×木の質感」「壁の色×絵画」「食材×器」「お気に入りの小物×ニッチ」 等。これらに照明(光)をさらに掛け合わせると「希少性」がより深くなります。

マーケティングつながる内容も加えながら、「価格」で選ばれるのではなく、「価値」で選ばれる答えを見つけ出すヒントを共有します。

 

【開催日】

・11月16日(月)16:00~18:00

・11月25日(水)13:00~15:00

 

【方法】

 オンライン

【講師】

 株式会社灯り計画 

 代表取締役 三原 慎一 

 

 照明計画・設計業務1999年〜。照明メーカー、商空間内装デザインを経て現在に至る。

 商空間では欠かすことの出来ない「魅せる照明術」住環境に移植します。

 一社)照明学会、一社)インテリアプランナー協会所属


会社を変える「現場」改革セミナー お問い合わせ・お申し込みフォーム


本オンラインセミナーは無料で開催します

メモ: * は入力必須項目です

本テーマに関し、無料カウンセリングやお問い合わせも承ります