暮らしに灯りをプラス

玄関照明。我が家の「顔」といったところでしょうか。しかし、夜は真っ暗という家が意外と多いんです。スイッチで入り切りするから点けるのを忘れてしまうのが一番多いようです。 今回は、アプローチから玄関に入るまでの照明計画の考え方を少しだけお話しします。

リビングの窓、玄関の窓、廊下の窓。今回は窓に映り込む照明の考え方をお話しします。 電車の車窓からの景色。トンネルに入った瞬間、窓に映る自分の顔に「ハッ」としたことはありませんか?

毎日必ずスイッチを触っていませんか? 意外と重要な回路のお話しです。

暮らしに密着した照明の価値を見つめなおし、提案力向上やお客さ満足度向上につながる照明計画についてのコラム

照明のスイッチを使いやすくしたいと思ったことはありますか? ここ数年で、照明のスイッチがとても進歩して、 価格も安くなりました。 使いやすく、便利で、スタイリッシュ。 使わない手はありません。 安心して、自信を持って提案できるコントローラースイッチを紹介します。    照明スイッチの選定は電気工事屋さん任せ。 皆さんはいかがですか?...

皆さんは、照明の打ち合わせの中で「ここは調光式にしませんか?」 と提案したことはありますか? 特にダイニングテーブルの照明は 「調光スイッチは必須」と考えてます。 何故か。 それは、食卓テーブルの明るさを変化することで、 暮らしの満足度が飛躍的に上がるから。 です。   小さなお子様がいる家庭では、 お誕生日にケーキを買ってロウソクを立てて...

皆さんは毎日の食事を楽しんでますか? 今回は、食事を美味しく戴く「コツ」のひとつとしてひかりの色に注目します。 ひかりの色の単位は「ケルビン(K)」色温度と表現します。 一般的には電球色と白色に分けられますが、 中間色の温白色も最近では電球売り場で見かけるようになりました。 食事に適した色温度は「電球色」と言われてますが、...

暮らしに明かりをプラス 住まいにおいて照明の役割は、大変重要なものですが、あまり重視されていない日本の家づくり。

毎日の食事。 ①皆さんのお家はどんな照明器具でテーブルを照らしてますか?  ②お施主様に提案する場合、ペンダント照明を勧めすることが多くありませんか?  ③どんな基準で照明器具を選んでますか?  質問ばかりですみません。  ちょっと考えてみて下さい。

※ 今月より、住宅産業塾の講座でも人気の㈱灯り計画 三原慎一様にご執筆いただき、「暮らしに灯りをプラス」コラムを掲載いたします。