ひかりで創る空間デザインとインテリア

写真の間接照明の種類は「コーブ照明」という照明手法。 そして、コーブ照明を計画する上で悩まなければならないのが光の位置。 左右の写真の大きな違いは光の位置。光の位置が低ければ部屋全体に光が回り、位置が高ければ陰影を作る事ができます。どちらが良いと言うわけではありません。好みの問題です。 ポイントは、展開図を描くこと。これにより光の位置を検討することができます。

ニッチと照明を合わせて売る ニッチ。階段、玄関、廊下など壁のアクセントとして、インテリアとしてのニッチ。せっかくのニッチをさらに価値あるニッチに仕立て、利益の上積みを狙いましょう。

壁面。今回はコーブ照明を上手に活かし、インテリア性を上げようという考え方をお伝えします。天井からどのくらいの距離を離すか。壁からどのくらいの幅を取るかを考えます。 光のポジションを変えるだけで全く別の空間が出来上がる。 実際の施工事例や雑誌などの写真を基にイメージを先行させても良いでしょう。

ここ数年LED照明は、照明メーカーの価格戦略の土俵上にあると思われます。  スペシャルプライスのリーフレットは一見お得に感じますが空間を明るくするだけの道具にすぎません。 本来の照明の役割は明るさを得ることですから間違いではないのですが、住空間を提案する側からしてみると、明るさを得ることに加え、空間の価値を付加する仕掛けが求められているように感じます。

壁面。今回からは壁面を上手に活かし、インテリア性を上げようという考え方をお伝えします。照明そのもので演出する方法は一般的な考え方ですが、その他の方法はどんななのかを見てみましょう。 壁面照明の種類...

窓辺に付加価値を付けて販売の仕組みを設計する。 今回はカーテンを設置する付近を売ることで利益を稼ぐ事を考えて行きたいと思います。 王道はリビングの窓辺。...

玄関照明。家の中で最も多く使われる空間。滞在時間は短いが家の顔でもあり、そして来訪者を迎え入れる最初の空間も玄関です。玄関を演出する提案は受け入れ方も様々で、玄関にお金をかけるならリビングを広くしたり、お風呂、キッチンのグレードを上げたいなど応酬があることも想定出来ます。 見方を変えると、玄関の空間演出をきっかけに提案の方法や方向性を考えるチャンスとも捉えることが出来ます。  では、少しでも玄関の演出に興味を示した方に対して、どのような提案が出来るかを見ていきましょう。

玄関に入ったら真っ暗。まずはスイッチを押してから。一見当たり前の光景で、なんら不思議ではありません。一昔前なら・・・。

玄関照明。我が家の「顔」といったところでしょうか。しかし、夜は真っ暗という家が意外と多いんです。スイッチで入り切りするから点けるのを忘れてしまうのが一番多いようです。 今回は、アプローチから玄関に入るまでの照明計画の考え方を少しだけお話しします。

リビングの窓、玄関の窓、廊下の窓。今回は窓に映り込む照明の考え方をお話しします。 電車の車窓からの景色。トンネルに入った瞬間、窓に映る自分の顔に「ハッ」としたことはありませんか?

さらに表示する