2022年、今までの常識を打破せよ!
住宅道を求めて · 2022/05/18
1重大激変として ・コロナ ・脱炭素  温室効果ガス0  気候変動対策 SDGs対応 ・悪いインフレ  スタッグフレーション ・DXショック ・自然災害 ・人口動態(人口減少、超高齢・少子化社会) ・世界政治大混乱

CSと利益の両立を
住宅道を求めて · 2022/05/11
NHKの大河ドラマ「青天を衝け」が参考になる。日本の資本主義の父と言われている渋沢栄一氏の物語である。丁度今回お伝えしたいテーマのシーンが放送されたところである。氏が提唱されている「論語と算盤」を強く意識され公益的な企業の在り方を求められていくくだりである

映り込みのマジック ~ こんなにも違って見える ~
室内の映り込みを極力抑える工夫がポイント。照明器具の映り込みが庭の景色に影響を与えます。今回は間接照明が窓に反射して、窓の外へ映り込む様子を考えます。

今の企業力を分析する必要があります
長井塾長のひと言 · 2022/05/02
・今の戦略・戦術、今の商品、今のビジネスシステム、今の実行レベル、  今の「らしさ」のままで良いのか? ・今の強さはいつまで続けられるか? これらをしっかり分析してください。毎年10%は力が減少していきます。 良い商品が売れる保証はありません。売れなければまた意味がありません。経営は「いきもの」です。...

8割の新築戸建てで施工不良
住宅道を求めて · 2022/04/22
10月12日の夕刊紙日刊ゲンダイで、「新築戸建て好調の陰で施工不良が増加しているワケ」(民間の検査で8割の物件が)という記事が掲載された。

住宅営業の三大技術実践の強化を!
長井塾長のひと言 · 2022/04/15
住宅営業には基本の三大技術があります。 1つめは「顧客発見・情報収集の技術」であり、 2つめは「商談展開・説得の技術」であり、 3つめは「顧客満足実現・クレーム処理の技術」です。 しかし、最近はどの項目もパワーが落ちてきています。 良き時代を過ごしてきた住宅会社や営業マンはこの三つの技術が極めて弱くなっています。...

監督業務の標準化・システム化が大切です
長井塾長のひと言 · 2022/04/13
良品質住宅を実現するためには監督業務の標準化・システム化が大切です。 現場監督の業務は煩雑でやるべきことが実に多いものです。 大工・職人さんからは資材が足りないと文句を言われ、お客様からはあれこれ要求される。 “そのうえ一日5回の清掃の現場美化だなんてやってられない”ということになりかねないものです。...

これからの経営戦略 ・実践の要諦
住宅道を求めて · 2022/04/13
時代の変化は半端ではない。激しく変化している。この変化の時代に勝ち残れる企業は単に良い企業ではない。また強い企業でもない。変化対応ができる強い企業が勝ち残れる。

住宅設計での環境制御に注力を!
長井塾長のひと言 · 2022/04/11
今は何もかも大きく変わってきています。 市場もお客様も大きく変わり、また求められる住宅も、求められ方も大きく変わってきています。 地球と人間にやさしい住宅、サスティナブル(持続可能)住宅、環境共生住宅が求められています。 住宅設計を行う際に理解しておかなければならないことが2つあります。「注目部位」と「環境制御対象」です。...

健康になる住宅と暮らし方実現が急務
長井塾長のひと言 · 2022/04/08
「天寿を全うする直前まで健康長寿でありたい」はすべての人の念願だと思います。 そのため、住宅は今までの箱の時代から、「人間が住まう暮らしの実現の家」に変わらざるを得ません。 単に構造が良いとか、デザインが良いとか、設備・性能が良いとかの段階から、 もうワンステップ、バージョンを上げたものになる必要があります。...

さらに表示する