アートのある食卓 ~ペンダント照明はもういらない~
食卓照明を考える時、どんなペンダント照明がインテリアに合うのか? と考えたことはあると思います。そして、明るさは大丈夫? も。意匠を選ぶ楽しさがありますから、否定はしません。ですが、もっとドラスティックに食卓を演出することだって出来るのです。

住宅道を求めて~まとめ~
住宅道を求めて · 2022/09/09
日本住宅新聞社様に「住宅道を求めて」の記事を連載させていただいて早いもので今回70回になります。この号で完了しますが、住まいづくりの思いを書かせていただいて感謝しています。70回連載内容を是非ご活用していただければ幸いです。

盛況でした!3年振りのリアル開催 経営者ミーティング
住宅産業塾ブログ · 2022/08/31
8月25日~26日かけ、3年振りのリアル企画 経営者ミーティングを開催いたしました。 コロナ禍のため一部内容の変更がありましたが、 CSトップランナーチャレンジプロジェクトの 座長お二人のお話をメインとし、 久々の直接の本音トークなどが繰り広げられました。 その内容を少しご紹介いたします。 まず、Aグループ座長の㈱HORI建築堀社長様より、...

求められる現状克服力と競争力の強化
住宅道を求めて · 2022/08/05
コロナショックで受注が順調な企業が多かったが、今はコロナショック、ウッドショック、価格アップショック、資材不足ショック、職人不足ショックなどで、てんてこまいされていると思う。

7月月例研究会 新業態開発に新たな可能性
住宅産業塾ブログ · 2022/07/22
7月月例研究会のテーマは、「新業態開発」 厳しくなる時代でも力強く勝ち残るためには、変化に対応が求められます。 従来のやり方を維持するだけではしりすぼみになってしまう中で、 新たな挑戦に取り組む企業は沢山おられます。 今回は、その一つである愛知県の波多野工務店さんが新たにオープンされた「グラデニングスタジオ」の研究を中心に、...

素晴らしい「魅せる現場コンテスト入賞社」
住宅道を求めて · 2022/07/20
住宅産業塾主催の第9回「魅せる現場コンテスト」の入賞発表会を1月21日東京で開催した。コロナ禍の中でも積極的に参加された企業の挑戦は立派である。このコンテストのレベルは高く、入選するだけでも、その該当する地域では軽くトップクラスになる。

考え方を変えると結果が変わる
住宅道を求めて · 2022/07/07
① 論語と算盤 現代は金融資本主義の時代で、公益・利他の精神がなくなってきて、「算盤と算盤」が中心になり、あらゆる分野でのひずみが発生してきている。このひずみを直していくのに公益資本主義の時代に変革していかねばならないといわれている。

素材を引き立てる ~照明は主役の素材を引き立てる名脇役~
ホテルのエントランス、雰囲気の良いレストラン、リラックスできる珈琲店、アレルショップまでも、 ひかりに拘りを持って空間演出を考え抜いている場所は意外と沢山あります。

5月20日開催 ㈱丸尾建築様BM視察ツアー開催報告
住宅産業塾ブログ · 2022/05/25
先日20日、満を持して㈱丸尾建築様のBM視察ツアーを開催、 総勢70名ほどの参加者に全国よりお集まりいただき、感謝いたします。 当日の内容を簡単にご紹介いたします。

2022年、今までの常識を打破せよ!
住宅道を求めて · 2022/05/18
1重大激変として ・コロナ ・脱炭素  温室効果ガス0  気候変動対策 SDGs対応 ・悪いインフレ  スタッグフレーション ・DXショック ・自然災害 ・人口動態(人口減少、超高齢・少子化社会) ・世界政治大混乱

さらに表示する