カテゴリ:生産性向上



現在の住宅業界は、人手不足が慢性的な状態となっています。 このような状況の中で“働き方改革”が叫ばれるようになってきており、残業や休日出勤の削減をはじめ、人材流出防止や採用といった面においても働く環境の整備は必須事項となってまいりました。 政府も女性活躍推進を打ち出していることもあり、地域密着工務店・ビルダーにおける女性活躍の場をテーマとして掲げ、「女性活躍支援プロジェクト」を立ち上げました。

最後は、「請求書なしシステム」です。 工事管理の工程の中で、請求書処理に時間が掛かるケースが多いようです。 請求書処理というのは「作業」ですので、 これを軽減できると働き方改革にもつながってきます。 この請求書処理をなくしたシステムが「請求書なしシステム」です。 これは、検査と支払いを連動させたシステムです。...

「事前発注」 言葉だと簡単そうに感じますが、 これが出来ている会社はあまりないと思います。 しかし、事前発注ができる体制づくりはとても重要です。 事前発注が出来るということは、 図面が完成していること、業者への発注金額が決まっていること といった条件が必要になってきます。 多くの住宅会社は、 図面は出来ていないのは当たり前、...

原価管理は利益に直結します。 よって、適当ではいけません。 昔から「どんぶり勘定」という言葉がありますが、 広辞苑によれば 「職人などの着ける腹掛けの前隠しに金を入れ、 出し入れしていた」ことに由来し 「予算を立てたり、決算をしたりせず、 手元にある金にまかせて支払いをすること、 それに似た大まか会計」とあります。...

業者・職人による自主検査は行っていますか? 一般的によく聞く流れとして、 「業者・職人による工事が終わった後に、 請求書が送られてきてその金額をチェックする」 という方法があります。 この場合、業者・職人による仕事の責任は誰が持つのでしょうか? もし不具合やミスなどがあった時、どう対応するのでしょうか?...

御社の品質管理は万全ですか? 品質管理では、現場の写真を撮って記録しておく必要があります。 しかし未だに多くの企業において、  ・ただ写真を撮っておくだけで整理できていない  ・写真を撮るポイントが決まっていない  ・写真の枚数もそれほど多くない  ・お客様に報告書として渡していない  etc といった現状もあるようです。...

最近は働き方改革や人材不足といった面から、 業務効率アップを求めている会社が多くなっているようです。 そのために、 ITのサービスやツールを導入するケースがありますが、 単純に、導入すれば良くなると考えていませんか? しかし、実はサービスやツールを利用しても、 うまく機能しないことが多いのです。 それは何故でしょうか?...