カテゴリ:日本住宅新聞



住宅道を求めて · 2020/09/24
①売れる「らしさ」の商品づくり 工務店にはいわゆる宣伝力はない。 工務店の基本の営業は口コミ・人コミである。 そのためにも常にお客様に視点をあわせ、考え、組み立てることを続けることである。そしてお客様が感動・評価される商品(住宅ハード・ソフトと対応力)づくりができれば最高ある。 魅力ある住宅商品が宣伝になり、新たなお客様に選ばれるのである。 工夫に工夫を重ねて魅力ある商品をつくる努力をし続けることである。

住宅道を求めて · 2020/08/26
①不幸な不健康状態 住宅で気になることがあります。 性能・デザインは絶対に必要なことですが、住まう人の観点が欠けているように思えてなりません。提供する住宅商品の実現すべき絶対条件があるはずです。 国民一人あたりの生涯医療費が平均2600万円かかっています。...

住宅道を求めて · 2020/08/07
①お客様を営業マンに 住宅は家族の幸福の城であり、住宅会社はそれを実現することが使命である。 お客様が限られた土地と資金で家族の幸福の城をつくろうとして、プロの住宅会社・職人にその夢を託す。どんな家に住みたいか、どんな暮らしを実現したいか、夢が一杯なのである。...

住宅道を求めて · 2020/07/16
工務店・ビルダーは勝ち残りのために、しっかり準備し、確実に実行する必要がある。 できるかできないかが問題ではない。 やるしかない!のである。 準備し実行したときに道は開けてくる。 ①中期経営計画書はあるか? ロマンでもよいから作るべきである。 ②事業計画書はあるか? 今年度の目標ぐらい決めないと頑張りようがない。...

住宅道を求めて · 2020/07/02
変化する時代に工務店が取り組むべきテーマはたくさんあります。 しかし厳しい競争と変化の環境を考えると、何よりも一番大切なことは地場の工務店としての「らしさ」を確立することです。 お客様が企業選択の決断を下される要素は、「商品が気に入ったとき」、「土地・建物のセットでうまくいったとき」、「資金計画通りの提案があったとき」、「お客様の信頼獲得である一生懸命さがわかったとき、対応力が良いとき」と「お客様の期待を超えた感動のプレゼン提案があったとき」「信頼する友人(HO様)からの一言があったとき」などです。

住宅道を求めて · 2020/06/15
地場工務店のことを一番よく知り応援してくださるのは入居されたお客様です。 そのお客様と、その現場を大切にしないと存在基盤がありません。 住宅ビジネスはお客様の感動を実現するビジネスなのですが、多くの工務店が自社のお客様の特性をよく知らず、お客様からも信頼されていないのが実情です。お客様の特性を知らずしてビジネスは難しく、企業の発展はありません。

住宅道を求めて · 2020/06/11
地場工務店のことを一番よく知り応援してくださるのは入居された顧客です。 その顧客と、その現場をあまり大切にしないのが工務店ときたら、シャレにもなりません。工務店の原点は、お客様と現場にあります。

住宅道を求めて · 2020/06/10
消費税増税が延期されることになりましたが、これで住宅環境が良くなるということはありません。 徐々に減少していく傾向は変わりません。今問われるのは顧客の創造力です。