カテゴリ:住宅産業塾



みんなどうしている?web会議「最近の集客事情」
先日は、「最近の集客事情」をテーマに、主に広報担当者を交えオンライン会議を開催。 今、お客様の動きは各社活発で、 集客面に関しては活況を呈しています。 その中で、コロナ禍でお客様の傾向はどのように変わり、集客手法はどう変わってきたか、そしてどんな施策を取り入れているか、等、意見交換させていただきました。

立ち合い説明確認と報連相打の徹底を
住宅道を求めて · 2021/06/10
1お客様の喜びと不安 お客様の大切な住宅をプロの業者として施工するわけだから、工事三大条件(現場きれい、工期厳守、残・手直し工事0の引渡し)を必達し、良品質施工をするのは当たり前である。しかしそれだけでは必要条件を満たしているだけで、決して十分条件を満たしているものとはいえない。

監督業務の環境整備 とシステム化を
住宅道を求めて · 2021/04/23
1、マネージの強化 マネージャ自身が訓練も受けず、素養も不足しているためマネージメント不足になる。 早急に工事管理の標準化・システム化を図り、帳票・フォーマットやチェックリストの整備をする必要がある。

良い習慣とその実行力が差に
長井塾長のひと言 · 2021/03/22
以前はブログを1か月に29回も書いたこともありましたが、 今は本当に情けないほどの怠け者です。 書こうと思うのですが、書かなくなると、なかなか書けません。 新聞原稿や講演テキストとか戦略資料はいつもまとめていますので、 すぐ手につき、どんどん進めていけますが、ブログなどは書けません。

みんなどうしている?WEB会議 「コロナに関係者が罹患した場合の対策どうしている?」
先日のみんなどうしている?WEB会議は、 「コロナに関係者が罹患した場合の対策どうしている?」をテーマに開催しました。 参加された方の中には、まだ周囲に発生したケースが無い方も、 既に関係者が罹患したというケースをご経験された方もおられ、 その体験を通じた対策を教えていただくことができました。

敷地の状況と特性の把握を
住宅道を求めて · 2021/01/15
1、敷地環境調査の必要性 設計するにあたり、お客様の敷地の状況を知り最適のプランを作成する必要がある。お客様が建築される土地は世界で一つしかない。お客様の土地実測図や、方位だけで簡単に設計できるものではない。

住宅道を求めて · 2020/09/24
①売れる「らしさ」の商品づくり 工務店にはいわゆる宣伝力はない。 工務店の基本の営業は口コミ・人コミである。 そのためにも常にお客様に視点をあわせ、考え、組み立てることを続けることである。そしてお客様が感動・評価される商品(住宅ハード・ソフトと対応力)づくりができれば最高ある。 魅力ある住宅商品が宣伝になり、新たなお客様に選ばれるのである。 工夫に工夫を重ねて魅力ある商品をつくる努力をし続けることである。

住宅道を求めて · 2020/08/26
①不幸な不健康状態 住宅で気になることがあります。 性能・デザインは絶対に必要なことですが、住まう人の観点が欠けているように思えてなりません。提供する住宅商品の実現すべき絶対条件があるはずです。 国民一人あたりの生涯医療費が平均2600万円かかっています。...

住宅道を求めて · 2020/08/17
売るべき商品がなければ戦えない。 住宅は請負であり商品ではないという間違った表現もあったが、これは正しくない。 お客様がお金を出して購入されるものはすべて商品である。 住宅が商品である以上「らしさ」を持ちたい。 自然派住宅でも高断熱高気密住宅でも低価格住宅(ローコスト住宅)でも何でもよい。 誇りを持って提供できる商品なら最高である。...

住宅道を求めて · 2020/08/07
①お客様を営業マンに 住宅は家族の幸福の城であり、住宅会社はそれを実現することが使命である。 お客様が限られた土地と資金で家族の幸福の城をつくろうとして、プロの住宅会社・職人にその夢を託す。どんな家に住みたいか、どんな暮らしを実現したいか、夢が一杯なのである。...

さらに表示する