日本職人による擬洋風建築 その3ー擬洋風学校

1872明治5年には学制が公布され、小学校から大学校に至る教育制度の確立が行われた。義務教育が法文化され、女子教育も開始された。国民教育の普及は近代国家の形成に大きな役割をはたすものとして、そして、明治の文明開化を引き継ぎ、次世代を担う子供たちの教育環境を洋風化することは重要な課題であった。

1890年には小学校設備準則、1895年には学校建築図説明及設計大要が制定され、それまで各府県において指導されていた学校建築が政府によって一元的に指導されるようになり、その結果、小学校の平面は片廊下の棟を数棟並べた形式に収斂していく。

また、和風校舎と比べ工費や修繕費が高く付くことから、擬洋風校舎の建設が避けられるようになる。こうして、日本の小学校建築からデザイン意識そのものが急速に失われていき、木造下見板張りで塗装なしで、日焼けした板張りの安価な建築物になった。

-中込学校・佐久市1875明治8

明治期の長野県は初等教育に力を注ぎ「教育県」とまで言われていたが、その中でも最初に建てられた本格的な校舎が中込学校である。下中込村の村民が校舎新築を決意したのは、アメリカに行ってきたという村の大工・市川代治郎が、自分なら安くて良い校舎を実現できると請け負ったからだと言われている。建設費は請負契約では380円となっていたが、大幅に費用がかさみ最終的な建設費は6000円超となったことから、後々まで村の財政を圧迫した。

 

甲州地域の擬洋風校舎の中でも早い時期のものであることに加え、日本の擬洋風校舎では類例がないほどアメリカの影響を強く受けている点で重要な意味を持つ建物である。

塔の形も、望楼風に勾欄を巡らし釣灯籠に近いプロポーションをとる擬洋風の塔ではなく、ペンキ塗りの下見板張りで細長いプロポーションとなっており、アメリカの田舎でよく見るインク壺のような教会や学校を参考にしたとみられている。

 

一方、正面の二層のベランダは横浜の外国人居留地に建てられたコロニアル様式、コーナーストーンを配した石張り風の漆喰壁は林忠恕の擬洋風官庁、礎石と柱頭飾りは江戸時代の寺院の礎石、といったように擬洋風らしく様々なデザインが取り入れられている。

1969312日に「旧中込学校校舎(附 学校新築請負書・新築入費勘定帳・学校新築諸入費調帳)」として国の重要文化財に指定され、同年412日に「旧中込学校」として敷地を含めて国の史跡に指定された。

担当棟梁:市川代治郎1825文政8年~1896明治29年)

幕末明治期の大工。信州(長野県)佐久下中込村石神の名主、市川八郎右衛門の次男。小林杢之助に弟子入りして大工になる。江戸築地の西本願寺工事などにもかかわる。自筆の履歴によれば、アメリカ人のケルモロに雇われて1869明治2年から明治6年の間、アメリカへ渡り修業したという。

成知(中込)学校を設計施工した後、名古屋で石鹸工場を興し、さらに和歌山県でみかん酒の醸造や花崗岩石材の工業に従事したと伝えられる。変化する時代に体当たりで夢をかけた職人。

<参考文献>文化財建造物保存技術協会編『重要文化財 旧中込学校々舎修理工事報告書』(初田亨)

-睦沢学校・甲府市1875明治8

当時の山梨県令だった藤村紫朗が推進していた「藤村式建築」と呼ばれる擬洋風建築の代表作。建築面積は189.22

木造2階建、屋根は宝(方)形造、桟瓦葺き。正面に玄関ポーチとベランダを設け、屋上に塔屋を設ける。

平面規模は間口・奥行ともに13.6m。外壁は漆喰塗の大壁とし、軒周りには軒蛇腹を設ける。

窓回りのアーチ形、建物四隅の隅石形、各面の腰壁は黒漆喰で形成する。ポーチおよびベランダ部分は天井を菱板透打ちとし、2階ベランダの各柱間には独特の曲線を描く幕板を飾る。内部は中央付近に階段を設け、12階とも階段手前の左右に2室、奥に大きい1室を配する。

1967年に国の重要文化財指定。

 

藤村紫朗1845弘化2年~1909明治42年・熊本藩出身・山梨県と愛媛県知事)は殖産興業と洋風建築によると町つくりに積極的であった。「断髪令」に従わないものから特別に税金を取って洋風の学校を建設したという話もある。絶対数は少なかったが、当時の洋風建築は「元気印」みたいな新鮮さを人々に与えていた。

担当棟梁:松本揮殷てるしげ1843天保14年~1911明治44

山梨県巨摩郡出身、13世紀から続く下山大工の家に生まれる。明治維新となり、廃仏毀釈のもと宮大工には苦難の時代が訪れた。

そして、山梨県では県令藤村紫朗(しろう)が赴任してきて、建築の洋風化を推奨し、この意を受けた大工棟梁小宮山弥太郎が二つの学校と勧業製糸場を完成させ、洋風建築の時代が始まった。

輝殷(この頃は八三郎)はこの頃、小宮山の学校建築にかかわり、洋風建築の大工として第一歩を踏み出した。

1875明治8年の32歳の時から自分で仕事を請け始め、1885明治18年までの10年間で10校もの学校建築に携わっている。

③開智学校・松本市・1875明治9年。


代表的な擬洋風建築で、2019令和元年国宝に指定。外壁はコーナーストーンと石積みを模した漆喰塗大壁で、中央に八角の塔屋が聳え立つ。建物正面に中央玄関ポーチが突出し、その2階部分のポーチ屋根は唐破風。装飾は雲流や龍、桃太郎を思わせる天使、など和調。

窓は両開きの硝子戸で、外側に両開き板戸がある。

立石は2度にわたり上京して東京の開成学校(東京大学の前身)や山梨県の日川学校など、多くの建物を見て参考にした。

当初、深志の全久院跡地にあった校舎で、1963昭和38年、約90年間使用された後、現在地へ移築。

担当棟梁:立石清重1829文政12年~1894明治27年)

信濃国(長野県)筑摩郡の松本城下にて、大工棟梁の息子として生まれる。筑摩県が開智学校新築を計画した時、棟梁(とうりょう)として白羽の矢が立ったのが立石清重だった。旧松本藩出入りの棟梁だった清重は当時46歳、初めて手がける洋風学校に苦労した。

 

開智学校の建築に当たり、自費で上京し居留地を始め、洋風建築を見学して歩き、横浜まで足を延ばした。東京大学の前身である開成学校や東京医学校の建築様式を調査し、帰県後、直ちに設計・見積もりにかかり、「開智学校新築仕様帳」を提出した。板ガラス、扉の把手、蝶番などの金具類、その他必要な部材を舶来品で購入した。

 

119人の番匠(職人)を率いて工事を完成させた棟梁清重は筑摩県から賞詞が送られ、開智学校新築によって、擬洋風建築の最も優れた大工職の棟梁と賞讃されるようになった。

-岩科学校・静岡県伊豆市:1880明治13

岩科学校は和風のなまこ壁を用いた洋風デザインの印象的な建物。社寺風建築様式とバルコニーなど、洋風を取り入れた伊豆地区最古の小学校。階上客室の西の間は日本間で、作法や裁縫の授業にも利用されていた。

床の間はのぼり太陽を表現して紅の壁、脇床には緑を配して松を表現している。欄間には漆喰名工入江長八によってほどこされた千羽鶴が、一羽一羽形を変えて描かれており、まるで壁面より抜け出てくるかのように日の出を目指して飛翔する姿が見られる。この千羽鶴は左官技法と色彩技法を巧みに融合させた長八作品の傑作。

担当棟梁:高木久五郎・菊池丑太郎

データなし