お雇い外国人による西洋建築 その1-お雇い外国人

お雇い外国人

 

明治初年、官営興業により殖産政策を推進するために、工部省が1870明治3年に設置された。

工部省はそっくりそのまま西洋のやり方を模倣して、一挙に西洋式工業を日本に興そうとした。

 

いわゆるワンセット丸抱えのお雇い外国人システムである。人的には新しい工業関係の技術・職工を雇い入れるとともに、物的には工場から機械に至るまでの一切を輸入することにした。

1871明治4年になって鉄道、造船、鉱山、製鉄、電信、灯台、製作、工学、勧工、土木の10寮と測量の1司の工部省が発足した。

工部省
工部省

工学寮と測量司を除くと、他のほとんどは民部省からの移管で、イギリスの技術者エドモンド・モレルは公共事業を主管する部局を意図していたのに対して、太政官内では海外から産業技術を導入し殖産興業を推し進める部局として認識された。

 

工部省は工部少輔の山尾庸三(長州5傑)がまとめ、盛り上げていった。

しかし、多数の外国人技術者・技術アドバイザーを高給で雇ったため、それが国庫を圧迫し官主導の殖産興業は行き詰まった。

 

1880年前半には、鉄道・電信などを除き官営工場の民間への払下げが進められ、1885明治18年の内閣制度改定とともに工部省は廃止されて、逓信省と農商務省に分割・統合された。鉄道事業は内閣直属になり、電信・灯台などの事業は逓信省に引き継がれ、郵便と一体化された。

 

殖産興業を担う人材育成を図る機能は工学寮に設置され、1873明治6年、イギリス人教師9名の来朝を待って開校。大学は土木、機械、電信、造家、採鉱、実用化学の6科から成り、修業年限は予備、専門、実地教育各2年の6ヵ年で全寮制をとり、卒業後7年間の工部省奉職を義務とした。

 

1877明治10年に工部大学校となり、1886明治19年東京大学工芸学部と合併して帝国大学工科大学となった。

多くの指導的技術者を世に送り、日本の工業発展の基礎づくりに重要な役割を果した。

 

そのために雇った「お雇い外国人」は1868明治元年から1889明治22年の22年間で2,690人となった。主な内訳はイギリス人1127人、アメリカ人414人、フランス人333人となっている。1900明治33年までの約30年間でみると、イギリス人4,353人、フランス人1,578人、ドイツ人1,223人、アメリカ人1,213人となっている。

 

特徴的なのは、イギリス人は主として政府の工部省の雇用で、工業振興のための技術者や職人として、フランス人は軍(特に陸軍)雇用として、アメリカ人は教員としてそれぞれ雇用されていたことである。

 

給与は、平均的日本人の暮らしが月10円の頃、ほとんどが100円以上の給与だった。

後に解説するコンドルで月350円、住宅手当60円だったそうである。そのため、国家予算の多くを人件費に占められ、雇用も解雇もドラスチックであった。応募する外国人も、一か八かの冒険的な技術者で、お互いに短期間でその成果をみせ、評価しなければならなかった。

その報酬は、イギリス植民地のインドでの雇用基準が手本になっていた。

●主な造家(建築)関係のお雇い外国人の技術者

鉄道 1.エドモンド・モレル(日本鉄道の恩人)

2.リチャード・ブリジェンス

灯台 3.リチャード・ヘンリー・ブラントン

造幣 4.トーマス・ジェームズ・ウォートルス

生糸 5.エドモント・オーギュスト・バスチャン

鉱山 6.ジュール・レスカス

造家 7.ウィリアム・アンダーソン

   8.ジャストル・ド・ボアンビル

   9.ジョバンニ・カペレッティ

   10.ジョサイア・コンドル(日本建築の母)

   11・エンデ&ベックマン

●先進的な技術習得:日本人の海外使節、派遣、留学

1860万延元年:・幕府の遣米使節団

日米修好条約批准書交換のために、正使・新見正興(39)、副使・村垣範正(48)、小栗忠順(34歳・横須賀に東洋最大の造船・製鉄・ドックを建設)をはじめ、勘定方、外国方、通弁(ジョン万次郎)方、医師、賄方など、総勢77人がポターハン号で渡米。

・勝海舟を艦長とする護衛艦威臨丸がサンフランシスコまで同行。福沢諭吉が同行。

1861文久元年:幕府の遣欧使節団

幕府がオランダ、フランス、イギリス、プロイセン、ポルトガルとの修好通商条約(1858年)で交わされた新潟、兵庫港、および江戸、大坂の開港開市延期交渉と、ロシアとの樺太国境画定交渉。正使以下通訳いれて総勢38名。福沢諭吉、寺島宗則らが参加。

・オランダに幕府の留学生:榎本武揚、西周、等

1863文久3年:長州の5傑がヨーロッパへ密出国

井上馨(外務省)、遠藤謹助(造幣局)山尾庸三(工部省)、伊藤博文(工部省・総理大臣)、井上勝(鉄道省:鉄道の父)

1864元治元年:池田長発を正使とする遣欧使節が派遣

開港している横浜港の閉鎖を各国に認めさせるという難題をもった派遣。見聞を広げるうち、攘夷論者の池田は開国派になり、交渉を自ら打ち切る。帰国の際、物理学、生物学、工業、繊維、農業、醸造等多数の書物や資料をフランスから持ち帰っている。

・新島襄がアメリカへ密出国(同志社)

1865慶応元年:薩摩藩遣英使節団

・五代友厚(住友財閥)、寺島宗則(日本逓信の父、外務大臣)他19名がイギリス視察。

1866慶応2年:海外渡航禁止解除

・山形有朋が欧州の軍事政策や軍備状況視察

1867慶応3年:・徳川民部大輔(昭武)一行の遣欧使節が派遣。福沢諭吉同行。

・留学規則制定

・渋沢栄一フランス渡航

・桂太郎がアメリカ、フランス、ドイツに軍政視察。

 

1871明治4年:・米欧派遣特命岩倉使節団一行48名(世界一周)