「魅せる現場」 現場から顧客創造

現場が「魅せる現場」に生まれ変われば、お客様を生みだすことができる

工務店の魅力は現場に有り!

現場力を高めることで、現場を展示場にし、お客様を生み出していきましょう!

そのために、3つの現場力を向上させ、地域No.1の現場を作り上げましょう!

①魅せる現場

 現場を徹底的にきれいにし(例えば裸足で歩いても足の裏が汚れないなど)、また安全
 にし、さらに、お施主様がまた見に来たいと思えるような演出も行い(花を飾ったり、
 お子さんのためにおもちゃを端材で作ってあげることなど)、敷地の外からも、他社よ
 りあきらかにきれいで魅力的だと思っていただけるレベルにしていくことが必要です。

 

                          魅せる現場の事例はこちらから

 

②良品質施工

 日本人は品質にとても敏感です。この程度でいい、という考えを捨てて、最高の品質で
 施工することが求めなければなりません。

 

③好印象マナー

 お客様と監督さん、職人さんはコミュニケーションをしっかりとり、そして、近隣の方
 とも、挨拶や近隣の清掃などでコミュニケーションをとることが大切です。

 更に、コミュニケーションをとる際にはマナーが大変重要です。自社の監督や職人はき
 ちんとしたマナーでお客様や近隣の方と接しているか。どのようにすれば、好印象とな
 るのか、日々向上させていかなければなりません。
 お客様や近隣の方の現場への良い印象は、現場で働いている人によって創りだされるの

 です。

 

 

 

これらの3つの要素を十分に満足させることができれば、

◯お客様からの信頼が得られる

◯近隣からの良い評判が得られる

ことは間違いありません。

 

・契約に至っていないお客様を現場へ連れて行くことで信頼を勝ち取り契約へとつなげる。

・近隣からの見込客・口コミ・紹介を増やしていく。

・お施主様に感動していただくことで、お客様を紹介していただく。

 

現場から顧客創造をしていくことは可能なのです。

 

 

「魅せる現場コンテスト」への参加で現場のクオリティアップ

住宅産業塾ではこれまで3回「現場きれいコンテスト」を開催して参りました。

この「現場きれいコンテスト」、もちろん日本で一番きれいな現場をつくっている工務店を決めるという目的があるのですが、参加される会社は日本一になるためだけに参加されているわけでは有りません。

コンテンストに参加し、住宅産業塾の技術コンサルタントの審査を受けることにより、自社の現場が他社と比較してどの程度のクオリティなのかがわかります。また審査員から指摘を受けることで、今後どのよう改善していかなければならないかもわかります。その結果、自社の現場のクオリティが大きく向上するのです。

 

詳しくは魅せる現場コンテストページを御覧ください。

 

 


「魅せる現場」に関するお問い合わせはこちらから

メモ: * は入力必須項目です