サテライト会員のご案内

2018年2月スタートの会員を現在募集しています!

 

比較的規模の小さな工務店を対象とした会員制度が「サテライト会員」です。

寺子屋受講風景

これから住宅ビジネスを発展させたいと考えている工務店を対象に、毎月一度の長井塾長による”寺子屋”に参加し、住宅ビジネスの基本を学び、実践に活かし、そしてフィードバックしていくことを繰り返しおこない、実務力を上げていくことを目的とした会員制度です。

 

家づくりに強い想いを持ち、これからの発展を願う工務店経営者や次世代経営者・幹部の皆様に”住宅ビジネスの実践”を学ぶ機会を持っていただき、本物の家づくりに役立てていただいております。

 

・規模は小さくても、家づくりに熱い思いを持っている

・これから会社を成長させていきたいと考えている

・仕組みややり方が分かっていないので、基本から学びたいと考えている

・これから事業承継をするにあたり、住宅ビジネスの基本を学びたいと考えている

・進んだ事例を学び、会社で活かしたいと考えている

・会社の方向性を定めていきたいと考えています

・会社の強みを明確にして、実績をあげたいと考えている   etc

 

 

このようにお考えの方にお勧めします

サテライト会員制度の概要

名称 住宅産業塾 サテライト会員
資格 年商3億円以下で、これから住宅ビジネスを発展させたいと考えている工務店
条件

月1回の長井塾長の寺子屋「住宅ビジネス成功の鍵2017(基本編・実践編)」を受講すること

※サテライト会員は3年を期限とし、その後は発展系として正会員へ移行できる

※年会費などについてはお問い合わせ願います。

長井塾長の寺子屋で1年かけて住宅ビジネスの基本を学びます

サテライト会員になると、毎月“長井塾長の寺子屋:住宅ビジネス成功の鍵”に参加していただきます。

寺子屋では、同じテーマを基本編、実践編の2回に分けて講義を行います。基本編ではテーマの根幹と住宅産業塾会員企業の実践事例などを学び、実践編では基本編で学んだことを実践した結果を互いに報告、意見交換しながら、より成果が出るようにしていきます。

他社事例を参考にして自社の取り組みを考えていきます

住宅産業塾には、会員のたくさんの実践事例があります。

いろいろな場面において参考になるものをお見せしつつ、自社へどのように反映させたら良いかアドバイスをおこないます。

また、寺子屋は少人数での運営されますので、参加社同士のコミュニケーションが密であり、参加者同士の普段の業務のやり方などを知るということに関しても、お互いにとても参考になる機会になっております。

 

具体的な課題点を抽出し解決していきます

寺子屋の場では、その時のテーマに沿った各社の問題点や、どのようにすれば上手くいくのか、など、様々な質問、疑問が出てきます。

それに対し、参加者それぞれが、解決策を考えアドバイスすることで、問題解決の糸口をつかむことができ、とても有意義な場となっています。

また、参加者は同じ想いを持つ仲間であり、お互い励まし合い、刺激しあうことで、互いに成長できる関係を築いていきます。

 

現場での実践事例研究も行います

住宅産業塾では、実務に関する重要課題について徹底研究や意見交換などをおこなっておりますが、完成現場や工事中の現場を視察することも重要と考えており、寺子屋のカリキュラムでも企画をしております。

多くのことを学んだ上で実際の現場を視ることは、学んだ事を実感を伴い理解することができ、とても貴重な機会となります。

 

◯ 年間カリキュラム

2月:「こなし」から「CS実現」へ①

工務店ビジネスの原点復帰(基本編)

・工務店の勝ち残りには「らしさ」が必要、その「らしさ」とは何か?

 

3月:「こなし」から「CS実現」へ②

工務店ビジネスの原点復帰(実践編)

・「らしさ」を作り上げ成長している企業の実践事例を研究し、自社の「らしさ」を考え実践計画へ

 

4月:商品なくして販売なし、販売なくして企業なし①

ベストセールスの構築(基本編)

・営業の仕組みを構築し、ベストセールスへ 

 

5月:商品なくして販売なし、販売なくして企業なし②

ベストセールスの構築(実践編)

・ベストセールスの実践事例を研究し、自社のベストセールスを構築

 

6月:設計力が受注と良品質施工の命運を握る①

設計力の強化(基本編)

・家づくりに必要な設計力強化とは?

 

7月:設計力が受注と良品質施工の命運を握る②

設計力強化(実践編)

・設計ヒアリング、プレゼンテーションの実践事例を研究し、自社の設計力強化を実現

 

9月:良品質施工なくしてCSなし①

工事力の強化(基本編)

・工事力を強化し、品質、安全、魅せる現場を確立するとはどのような意味か?

 

10月:良品質施工なくしてCSなし②

工事力の強化(実践編)

・現場からの紹介受注、魅せる現場の実践事例を研究し、自社の工事力強化に取り入れる

 

11月:正しい戦略と徹底した行動が善の循環をもたらす①

最強の経営体質の構築(基本編)

・経営体質を強化し、CSを向上することで真の住宅会社へ

 

12月:正しい戦略と徹底した行動が善の循環をもたらす②

最強の経営体質の構築(実践編)

サテライト会員 埼玉県・SH-Space様へのインタビュー

2015年にサテライト会員として住宅産業塾に入会され、現在も住宅産業塾で学んでおられる、株式会社 SH-Space エス・エイチ・スペース一級建築士事務所 代表取締役 柿澤 哲次樣にお話をお聞きしました。

 

長井塾長の寺子屋で学んだ事を、どのように活かしておられますか?

 

まず長井塾長から教えてもらった事は、住宅ビジネスの本質です。一生に一度の買い物である住宅を販売するという事について、これまで多くの話を聞いてきましたが、どれも偽善的であると感じていましたが、長井塾長の話を聞いてとても共感できました。そして寺子屋では、戦略的な話、具体的な施策についても教えていただいて、それを実践することで、会社のレベルを上げることが出来ています。

 

具体的には、「安心納得システム」の導入による営業手法の改善です。そのおかげで設計契約をいただくこともできるようになりました。教えていただいたことは、仕組みとして会社に取り入れており、それが機能するようにすることで受注という成果につながってきています。

 

 

 

 

サテライト会員 お問い合わせ・資料請求

サテライト会員についてのお問い合わせ・資料請求は下記フォームに必要事項をご記入の上、送信をお願いします。

 

 

メモ: * は入力必須項目です