住まいの健康診断

自社のつくる家の現実を知りたい

そのようなニーズに応えるため、また各種測定数値を通じ住宅環境の真実を知っていただくために、“住まいの健康度診断”サービスをはじめることになりました。

 

このサービスでは、

 

①揮発性有機化合物(VOC)

厚生労働省は人体への影響が懸念される揮発性有機化合物(VOC)13物質の室内濃度指針値を規定します。これらの物質が実際に指針値以下なのか、そのうちの代表的5物質について測定いたします。

 

②“抗”酸化力

金属が錆びるように、人間も身体が錆びる=“酸化”しやすい環境になっていると言われています。酸化しやすい環境は、イオンバランスが崩れプラスイオン優位の環境です。精密測定器により、室内のイオンバランスを計測し建物の抗酸化力を測定いたします。

 

③電磁波

既に欧米では人体への影響を考え様々な対策が講じられていますが、日本では取組みの遅れが指摘されています。一部では健康リスクもあるといわれている電磁波が、現実に室内の何処でどの程度発生しているのか、建物の電磁波環境の簡易診断をいたします。

 

これらを幅広く、トータルに測定をすることで、はじめて住まいの健康度を診断できます。 

 


診断結果は報告書としてお渡しいたします。


住まいの健康度診断 概要

 

日時:相談して決定。一物件についておよそ3時間掛かります。

対象:建築されている住宅

   ※関東圏の企業様を対象とさせていただきます

   ※関東圏以外の企業様は別途ご相談ください

費用:100,000円(交通費・消費税別途)

 

現在キャンペーンにつき50,000円(交通費・消費税別途)でお申し込みいただけます。

 

 

住まいの健康診断 お申込み

メモ: * は入力必須項目です