住宅ビジネス基礎講座では、ビジネスの基本から実践を徹底的に学びます

住宅ビジネス基礎講座では、各回に設定したテーマの基本と実践事例などを学び、実践編では基本編で学んだことを実践した結果を互いにBM(ベンチマーキング)し、意見交換しながら、より成果が出るようにしていきます。

他社事例を参考にして自社の取り組みを考えていきます

住宅産業塾には、会員のたくさんの実践事例があります。

いろいろな場面において参考になるものをお見せしつつ、自社へどのように反映させたら良いかアドバイスをおこないます。

また、住宅ビジネス基礎講座は少人数での運営されますので、参加社同士のコミュニケーションが密であり、参加者同士の普段の業務のやり方などを知るということに関しても、お互いにとても参考になる機会になっております。

 

具体的な課題点を抽出し解決していきます

住宅ビジネス基礎講座では、その時のテーマに沿った各社の問題点や、どのようにすれば上手くいくのか、など、様々な質問、疑問が出てきます。

それに対し、参加者それぞれが、解決策を考えアドバイスすることで、問題解決の糸口をつかむことができ、とても有意義な場となっています。

また、参加者は同じ想いを持つ仲間であり、お互い励まし合い、刺激しあうことで、互いに成長できる関係を築いていきます。

 

現場での実践事例研究も行います

住宅産業塾では、実務に関する重要課題について徹底研究や意見交換などをおこなっておりますが、完成現場や工事中の現場を視察することも重要と考えており、住宅ビジネス基礎講座のカリキュラムでも企画をしております。

多くのことを学んだ上で実際の現場を視ることは、学んだ事を実感を伴い理解することができ、とても貴重な機会となります。

 


住宅ビジネス基礎講座2019年間カリキュラム

2月:「こなし」から「CS実現」へ

工務店ビジネスの原点復帰(基本編)

・工務店の勝ち残りには「らしさ」が必要、その「らしさ」とは何か?

3月:実践編

  

4月:商品なくして販売なし、販売なくして企業なし

ベストセールスの構築(基本編)

・営業の仕組みを構築し、ベストセールスへ 

5月:実践編

 

6月:設計力が受注と良品質施工の命運を握る

設計力の強化(基本編)

・家づくりに必要な設計力強化とは?

7月:実践編

 

8月:良品質施工なくしてCSなし

工事力の強化(基本編)

・工事力を強化し、品質、安全、魅せる現場を確立するとはどのような意味か?

9月:実践編

 

10月:正しい戦略と徹底した行動が善の循環をもたらす

最強の経営体質の構築(基本編)

・経営体質を強化し、CSを向上することで真の住宅会社へ

11月:実践編


住宅ビジネス基礎講座に関するお問い合わせ・資料請求

住宅ビジネス基礎講座にご参加いただくには、住宅産業塾正会員・サテライト会員に所属していただくことが原則となります。それらについてのお問い合わせ・資料請求は下記フォームに必要事項をご記入の上、送信をお願いします。

メモ: * は入力必須項目です